ホーム ギャラリー > 堀出恒夫写真展「堀出恒夫の世界」

<00>展示会情報

2020.07.31~2020.08.05堀出恒夫写真展「堀出恒夫の世界」

光陰如箭(こういんやのごとし)―、京都を拠点に写真家として歩むこと、まもなく半世紀が経とうとしています。
或る時は、伊勢神宮式年遷宮(第61回)専属カメラマンとして神々しい瞬間に立ち会い、また或る時は、歌舞伎舞台の一瞬の煌めきを撮(とら)え、復々或る時は、東大寺国宝仏像の威光を写し、将又親鸞聖人の御真筆、白隠墨蹟、更には海を渡って台湾故宮の文房聚英、中国石刻...と枚挙に遑がなく、そのどれもが光陰流水のごとし。
過ぎゆく時間の中で、いま撮影しておかなければ、二度と取り返しがつかない、そんな千載一遇の奇縁に恵まれ粛々と仕事を重ねてまいりました。 
数百年の歴史を経てきた仏像美術工芸品ならば、その堆積した時間までも、人間国宝ならば、その極められた刹那の美を、いわんや、たとえ無名の人であっても七五三、成人式、遺影に至るまで、その人の生きざま、喜びも悲しみも、姿形にあらわれないものまで写そうと努め、未来永劫受け継がれるべき、普遍のものたちを撮り続けてきました。今日此処に、そのほんの一端ではございますが、つまびらかにさせていただき、また、明日への希望にしたいと願っています。        

                             堀出 恒夫



 

会期7月31日(金) ~ 8月5日(水) 10時~17時(最終日は16時まで)
会場AMS写真館 ギャラリー2

ページトップへもどる