ホーム ギャラリー > 第8回 日本リンホフクラブ写真展

<00>展示会情報

2018.04.06~2018.04.11第8回 日本リンホフクラブ写真展

日本リンホフクラブは、大判カメラのリンホフカメラ、及びリンホフ以外の大判カメラを愛好する仲間の集まりで、その基本理念として「銀塩フイルムによる写真文化の継承と発展」を唱えて、会員の「技術向上」のための定期的な講習会・講評会と大判カメラの普及を目指して一般カメラマンに対して「大判カメラの基礎講習」を実施しています。
今回の写真展は、日本リンホフクラブ創立10周年の記念として、展示する作品サイズは全紙と全倍の混合展としました。
作品は川・湖や森と樹々、山や滝、渓流と言ったいわゆる自然風景にとらわれず、積極的に人工物はもちろん、あらゆる被写体を取り入れてのテーマ「大判カメラでとらえた世界」とし、日々の営みの中で目にする光景や何気なく見過ごしているものに大判カメラを向けて撮った作品を展示し、「大判カメラの情報量の多さと諧調豊に表現できる銀塩フイルムのすばらしさ」を多くの方々に鑑賞していただきたいと考えています。

日本リンホフクラブ


 

会期4月6日(金) ~ 4月11日(水)10時~18時(最終日は16時まで)
会場AMS写真館 ギャラリー1・2

ページトップへもどる